IELTS TOEFL TOEIC 比較 英文法 英検 英語

英文法 比較 最上級「~の中でもっとも~だ」 目標達成へ【高校大学受験・TOEFL・TOEIC・IELTS・英検】

英文法 比較 最上級「~の中でもっとも~だ」 目標達成へ【高校大学受験・TOEFL・TOEIC・IELTS・英検】

今回の文法

  • 比較 最上級「~の中でもっとも~だ」

 

今回は比較 最上級「~の中でもっとも~だ」に関して触れてみたいと思います。

前回は比較 比較級「less ~ than」に関してお話をさせて頂きました

(記事はこちら

これまで学習してきた比較級では「A > B」の関係のものがほとんどでしたが「less ~ than」では「A < B」の関係になるのが特徴です。

さらには比較級にも関わらず原級を置くあたりにも注意していただければと思います。

他の形式にも書き換えることが可能ですのでいろいろ試してみると面白いです。

前回はそんな話をさせて頂きました。

私がおススメする英語学習に役立つアイテム
 

これまで紹介した全ての英文法の記事

英文法 全集はコチラ

※とことん学習してみよう


以前私が受験したスコアも載せおきます。

TOEICスコア 900点以上【TOEIC 950点ホルダーが教える効率的な学習法】

過去のPBT、CBTと現行TOEFL iBTとのスコア換算に関する記事

TOEICの概要、出願、テスト形式などの記事


比較 最上級「~の中でもっとも~だ」【英語力を向上させるポイント】

これまで比較では原級、比較級と進んでまいりましたが今回より最上級に入ってまいります。

最上級という事でまずは覚えていただきたいことは比較の対象が3つ(3人)以上あることが必要になります。

3つ(3人)以上と言っても例えば集団なども含まれますので様々ですが比較級は明らかに2つ(2人)のものを比べるのでそれ以上ということになります。

集団を表す語句というのは例えば「国」「町」「クラス(教室)」「グループ」などその語句自体が複数の要素によって構成されているものを指します。

基本的な構文と意味合いは以下になります。

構文は「A 動詞(V) ”the 形容詞の最上級”もしくは”副詞の最上級” in (of) 場所、集団、複数名詞」となり意味は「Aは~の中でもっとも~だ」

ここでのポイントは「最上級=必ず"the”を付ける」と覚えてしまっている人も結構いますが「the」は形容詞の最上級を伴う際には必要となりますが副詞の最上級の場合は付けないケースが多いということです。

それでは例文を見てみます。

  • He is the richest person in this town. 彼はこの町で最もお金持ちの人だ。 ← 形容詞の最上級を伴うので「the」を使用する
  • Jiro plays tennis best of us all. ジローは私たち中で最もテニスが上手だ ← 副詞の最上級なので「the」を必要としていない

文の終わりの方に「in」や「of」を使用することが多いのですが「in」の後には場所を表す語句や集団を表す語句を使用する時に、「of」の後には名詞の複数形などを持ってくるときに使用することが多いです。

更には学術的な分野などの表現をする際には「in」を使うことが多かったと記憶していますが基本的には「複数名詞の時には”of”、それ以外は”in”や”among”」など使い分けることにしています。

まとめ

今回より比較の最上級「~の中でもっとも~だ」に突入しまずは基本的な用法に関して触れてみました。

最上級では比較する対象が3つ(3人)以上という点が2つ(2人)を比べる比較級との違いになります。

最上級を表現する際に「the」を使用するかどうかは品詞によって変わりますので一律に「theを使用する」ということは避けるようにしてください。

今回はここまでに致します。


-IELTS, TOEFL, TOEIC, 比較, 英文法, 英検, 英語
-, , , , , , , , , , , ,

© 2020 TAKA KIKOHの情報局 Powered by AFFINGER5