比較 英文法

英文法 比較 原級・比較級で最上級を意味する表現 目標達成へ【高校大学受験・TOEFL・TOEIC・IELTS・英検】

英文法 比較 原級・比較級で最上級を意味する表現 目標達成へ【高校大学受験・TOEFL・TOEIC・IELTS・英検】

< 高校・大学受験、TOEIC、TOEFL、英検などの各種試験対策のために >

< 外資系企業などで仕事をするために総合的な英語力を養うために >

< 「読む」だけでなく「解く力」「書く力」も身につけたい方に >

 

英文法 完全理解 初級~中級編

 

※英文に接する際に気にかけてほしい重要ポイントを中心に解説しています※

今回の文法

  • 比較 「原級」で最上級を意味する表現
  • 比較 「比較級」で最上級を意味する表現

 

今回は比較 原級・比較級で最上級を意味する表現に関して触れてみたいと思います。

前回は比較 最上級「one of ~」「~番目」に関してお話をさせて頂きました

(記事はこちら

「one of the ~」の表現でのポイントは名詞の複数形を伴うこと、そして範囲を明確にすることで「~の中の一つ」という表現がイメージしやすくなります。

「~番目」では最上級の前に序数を置くことで自由自在に順番を表現することができます。ポイントは「~番目」となるので後に伴う名詞は「単数形」になることです。

前回はそんな話をさせて頂きました。

これまで紹介した全ての英文法の記事

英文法 全集はコチラ

※とことん学習してみよう


以前私が受験したスコアも載せおきます。

TOEICスコア 900点以上【TOEIC 950点ホルダーが教える効率的な学習法】

過去のPBT、CBTと現行TOEFL iBTとのスコア換算に関する記事

TOEICの概要、出願、テスト形式などの記事


比較 「原級」で最上級を意味する表現(No other ~)【英語力を向上させるポイント】

今回は原級や比較級を使って最上級を意味する表現に関してお話をさせて頂ければと思います。

まずは原級を使用しながら最上級を意味する表現に関して見てみたいと思います。

「原級を使ってどのように最上級を表現するのか?」と素朴に思われるかもしれません。

ポイントは「No + 名詞の単数」になります。

構文は「No other 名詞の単数形 ~ as 原級 asとなり意味は「~ほど~なものはない」になります

「No」は当然ですが「無い」という表現になります。

文中の動詞では肯定文であっても名詞の前に「no」を置くことで文全体の意味が否定文になることもあるくらい「No」は強力な表現方法の一つになります。

例えば「Everyone knows this book.」は「みんなこの本を知っている」となりますが「No one knows this book.」となれば「誰もこの本を知らない」と文全体が否定文になります。

このような表現の強い「No」を使用して原級を使用しながらも最上級を意味する文が出来上がります。

例文を見てみます。

  • No other person in Asia plays tennis as well as James. ジェームスほどテニスを上手くプレイする人はアジアにはいない。 ← 「No other person = 他の人はいない」を使用する

「No + 名詞の単数形」の意味は「名詞がゼロ」という意味になるので「誰もいない」という意味合いになります。

比較 「比較級」で最上級を意味する表現(No other ~)

今度は原級に続いて比較級を使用しながらも最上級を意味する表現方法を見てみたいと思います。

基本的な考え方は原級と同じで「No」を使用することにより「~はゼロでる」というところから最上級に持っていく形になります。

構文は「No other 名詞の単数形 ~ 比較級 thanとなり意味は「~より~なものはない」になります

それでは例文を見てみます。

  • No other person in Asia plays tennis better than James. ジェームスよりテニスを上手くプレイする人はアジアにはいない。 ← 「No other person = 他の人はいない」を同様に使用する

先の原級と同じように考えれば難なく理解できるものかと思います。

考え方としては「ジェームスよりうまくできる人はいない = 最上級」となり比較級を使用しながらも最上級を意味する表現方法となります。

比較 「比較級」で最上級を意味する表現(any other ~)

比較級では「any other 名詞単数形」を使用することで先の用法のように最上級を表現することができることができます。

構文は「比較級 than any other 名詞単数形となり意味は「どの~よりも~だ」になります

「any other 名詞単数形」は「他のどの~」という意味になりこの比較級だけでなく様々なシーンで登場する汎用性の高い表現方法になります。

この表現方法を使用することで最上級を表現してみます。

  • James  plays tennis better than any other person in Asia. ジェームスアジアでは他のどの人よりもテニスを上手にプレイする。 ← 「any other person = 他のどの人」を比較級と使用する

否定的な表現を全く入れることなく比較級を使用しながら最上級の意味を表現することができます。

まとめ

今回は原級、比較級を使用しながら最上級の意味を表現する方法に関して触れてみました。

原級、比較級共に「No:~はない(ゼロ)」というところを利用して最上級の意味を表現します。

また別に、「any other 名詞単数形」を使用することで否定的表現を文に入れることなく比較級でありながら最上級の意味を表現することができる用法に関しても触れました。

今回はここまでに致します。


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

TAKA-KIKOH

ゴールドマン・サックス証券などこれまで長年にわたり外資系金融機関(証券)での業務に従事してまいりました。米国MBA。英語ではTOEFL607点、TOEIC950点など。趣味は筋トレ、釣り、ゴルフ。

-比較, 英文法
-, , ,

© 2020 TAKA KIKOHの情報局 Powered by AFFINGER5