英文法 関係詞

英文法 複合関係代名詞「whatever」目標達成へ【高校大学受験・TOEFL・TOEIC・IELTS・英検】

英文法 複合関係代名詞「whatever」目標達成へ【高校大学受験・TOEFL・TOEIC・IELTS・英検】

< 高校・大学受験、TOEIC、TOEFL、英検などの各種試験対策のために >

< 外資系企業などで仕事をするために総合的な英語力を養うために >

< 「読む」だけでなく「解く力」「書く力」も身につけたい方に >

 

英文法 完全理解 初級~中級編

 

※英文に接する際に気にかけてほしい重要ポイントを中心に解説しています※

今回の文法

  • 複合関係代名詞「whatever」

今回は複合関係代名詞「whatever」に関して触れてみたいと思います。

前回は複合関係代名詞「whichever」に関してお話をさせて頂きました

(記事はこちら

「whichever」は「whoever」と同様に名詞と同じ役割を果たす名詞節を作ります。

ある範囲は決まっている中での「どれかを選ぶ」ということが特徴になります。

前回はそんな話をさせて頂きました。

これまで紹介した全ての英文法の記事

英文法 全集はコチラ

※とことん学習してみよう


以前私が受験したスコアになります。

TOEICスコア 900点以上【TOEIC 950点ホルダーが教える効率的な学習法】

複合関係代名詞「whatever」【英語力を向上させるポイント】

前回まで複合関係代名詞の「whoever」「whichever」に関して触れました。

複合関係詞とは関係代名詞・関係副詞に「~ever」を付けたものになります。

複合関係詞は複合関係代名詞(whoever, whichever, whatever)と複合関係副詞(whenever, wherever)に分かれます。

今回は複合関係代名詞の「whatever」に関してお話をさせていただきます。

複合関係代名詞「whatever」は名詞と同じ役割を果たす

複合関係代名詞のポイントは複合関係代名詞以下の節は名詞と同じ役割を果たす「名詞節」を作るところになります。

「名詞節(名詞と同じ役割を果たす)」になるということは主語、目的語などになれるという事になります。

「whatever」のポイントは以下になります。

複合関係代名詞の「whatever」が作る節は名詞と同じ役割を果たし、「~するものは何でも」という意味合いになる

前回に出ました「whichever」では選択肢の中での「~するものはどれでも」という意味でした。

一方で今回の「whatever」では選択肢の有る無いを問わずに「~するものは何でも」という点が特徴になります。

先行詞は「anything(何でも、何か)」になる

「whatever」が「~するものは何でも」ということで先行詞は「anything(何でも、何か)」になります。

「anything」を使った関係代名詞からの流れを見てみたいと思います。

  • You can do anything that you want to do. あなたはあなたがしたいことは何でもすることができる。 ← 「anything」が先行詞の場合は「that」を使用する

上のような文があったとします。

関係詞節として挿入する元の文は「you want to do anything(あなたは何でもしたい)」になりますね。

ここでは「anything」を先行詞にして2つの文をつなげることになりますが、関係詞節で「anything」は目的語になります。

目的格の関係代名詞になるのですが先行詞が「all、anything、everything、little、much、nothing」の場合は慣例として「that」を使います。

よって「anything which」ではなくて「anything that」になります。

ここで出てきました「anything that」をそのまま「whatever」に書き換えることができます。

  • You can do whatever you want to do. あなたはあなたがしたいことは何でもすることができる。 ← 「anything that」を「whatever」に置き換える

「whichever」のようにある選択肢の中での「~のどれでも」というものとは違い「あらゆるものに対して~するものは何でも」という意味で「whatever」は使うことができます。

まとめ

今回は複合関係代名詞「whatever」の用法に関して触れてみました。

「whoever」「whichever」と同様に名詞と同じ役割を果たす名詞節を作ります。

選択肢の範囲などは関係なく「あらゆるものに対して~するものは何でも」という意味合いで使えることが特徴になります。

今回はここまでに致します。


過去のPBT、CBTと現行TOEFL iBTとのスコア換算に関する記事

TOEICの概要、出願、テスト形式などの記事



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

TAKA-KIKOH

ゴールドマン・サックス証券などこれまで長年にわたり外資系金融機関(証券)での業務に従事してまいりました。米国MBA。英語ではTOEFL607点、TOEIC950点など。趣味は筋トレ、釣り、ゴルフ。

-英文法, 関係詞
-, ,

© 2020 TAKA KIKOHの情報局 Powered by AFFINGER5