英文法 関係詞

英文法 複合関係副詞「whenever」目標達成へ【高校大学受験・TOEFL・TOEIC・IELTS・英検】

英文法 複合関係副詞「whenever」目標達成へ【高校大学受験・TOEFL・TOEIC・IELTS・英検】

< 高校・大学受験、TOEIC、TOEFL、英検などの各種試験対策のために >

< 外資系企業などで仕事をするために総合的な英語力を養うために >

< 「読む」だけでなく「解く力」「書く力」も身につけたい方に >

 

英文法 完全理解 初級~中級編

 

※英文に接する際に気にかけてほしい重要ポイントを中心に解説しています※

今回の文法

  • 複合関係副詞「whenever」

今回は複合関係副詞「whenever」に関して触れてみたいと思います。

前回は複合関係代名詞「whatever」に関してお話をさせて頂きました

(記事はこちら

「whoever」「whichever」と同様に名詞と同じ役割を果たす名詞節を作ります。

選択肢の範囲などは関係なく「あらゆるものに対して~するものは何でも」という意味合いで使えることが特徴になります。

前回はそんな話をさせて頂きました。

これまで紹介した全ての英文法の記事

英文法 全集はコチラ

※とことん学習してみよう


以前私が受験したスコアになります。

TOEICスコア 900点以上【TOEIC 950点ホルダーが教える効率的な学習法】

複合関係副詞「whenever」【英語力を向上させるポイント】

今回は複合関係副詞の「whenever」に関して触れてみたいと思います。

前回まで複合関係代名詞の3つ「whoever」「whichever」「whatever」に関して説明させていただきました。

複合関係詞とは関係代名詞・関係副詞に「~ever」を付けたものになります。

複合関係詞は複合関係代名詞(whoever, whichever, whatever)と複合関係副詞(whenever, wherever)に分かれます。

複合関係代名詞と複合関係副詞ではどようにな違いがあるのでしょうか?

話を進めてまいりたいと思います。

複合関係副詞「whenever」は副詞と同じ役割を果たす

複合関係副詞のポイントは関係詞節自体が副詞と同じ役割を果たす副詞節を作るところにあります。

「副詞節(副詞と同じ役割を果たす)」になるということは主に主文のV(動詞)に修飾する(主にかかる)という事になります。

「whenever」のポイントは以下になります。

複合関係副詞の「whenever」が作る節は副詞と同じ役割を果たし、「~する時はいつでも」という意味合いになる

副詞と同じ役割を果たすという事はその関係詞節そのものは主文のV(動詞)を補足的に説明するような意味合いの存在になります。

そして関係詞節の位置は文の中でも様々なところに置くことが可能です。

それでは例文を見てみます。

  • We can arrange our trip whenever your schedule is tight. 私たちはあなたのスケジュールが厳しい時はいつでも旅行の調整ができます。 ← 「whenever」以下の関係詞節は主文の動詞に掛かる

先にも述べましたが関係詞節は主文の動詞に掛かっています。

副詞は文頭などに来ることも可能ですので以下のような文でも意味は変わりません。

  • Whenever your schedule is tight, we can arrange our trip. 私たちはあなたのスケジュールが厳しい時はいつでも旅行の調整ができます。 ← 「whenever」以下の関係詞節は主文の動詞に掛かる

このように文頭に持ってきてもあまり不自然な印象は受けないと思います。

こういったところから複合関係副詞は接続詞として考える人もいます。

使い勝手の良い用法になりますので自由自在に使いこなせるようになっていただけたらと思います。

「at any time when(~するときはいつでも)」に置き換えが可能

「whenever」が「~する時はいつでも」ということでat any time whenに置き換えることが可能です。

先の例文を「at any time when」を使って置き換えてみましょう。

  • We can arrange our trip at any time when your schedule is tight,  私たちはあなたのスケジュールが厳しい時はいつでも旅行の調整ができます。 ← 「whenever = at any time when」

ここで基本的なことですが注意していただきたいのは「any time」と離してください。よく間違って「anytime」としてしまう人が結構います。

これでは「anytime」は副詞で、「at any time」は前置詞句を形成します。

「~する時はいつでも」を形成する際は「at any time when」となるようにしましょう。

まとめ

今回は複合関係副詞「whenever」の用法に関して触れてみました。

「whenever」以下の関係詞節は副詞と同じ役割を果たします。

副詞と同じ役割を果たすという事で文頭などにも置くことが可能になり、接続詞として扱う人もいます。

「at any time when」を使って書き換えも可能になるのがポイントです。

今回はここまでに致します。


過去のPBT、CBTと現行TOEFL iBTとのスコア換算に関する記事

TOEICの概要、出願、テスト形式などの記事



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

TAKA-KIKOH

ゴールドマン・サックス証券などこれまで長年にわたり外資系金融機関(証券)での業務に従事してまいりました。米国MBA。英語ではTOEFL607点、TOEIC950点など。趣味は筋トレ、釣り、ゴルフ。

-英文法, 関係詞
-, ,

© 2020 TAKA KIKOHの情報局 Powered by AFFINGER5