英文法 関係詞

英文法 複合関係詞「譲歩の however」目標達成へ【高校大学受験・TOEFL・TOEIC・IELTS・英検】

英文法 複合関係詞「譲歩の however」目標達成へ【高校大学受験・TOEFL・TOEIC・IELTS・英検】

< 高校・大学受験、TOEIC、TOEFL、英検などの各種試験対策のために >

< 外資系企業などで仕事をするために総合的な英語力を養うために >

< 「読む」だけでなく「解く力」「書く力」も身につけたい方に >

 

英文法 完全理解 初級~中級編

 

※英文に接する際に気にかけてほしい重要ポイントを中心に解説しています※

今回の文法

  • 複合関係詞「譲歩の however」

今回は複合関係詞「譲歩の however」に関して触れてみたいと思います。

前回は複合関係詞「譲歩の wherever」に関してお話をさせて頂きました

(記事はこちら

複合関係副詞の「wherever」は譲歩を表すケースでも副詞節を形成します。

書き換えに関しては「no matter where」が来た時は譲歩になりますので判別できます。

前回はそんな話をさせて頂きました。

これまで紹介した全ての英文法の記事

英文法 全集はコチラ

※とことん学習してみよう


以前私が受験したスコアになります。

TOEICスコア 900点以上【TOEIC 950点ホルダーが教える効率的な学習法】

複合関係詞「譲歩の however」【英語力を向上させるポイント】

今回は複合関係詞「譲歩の however」に関して触れてみたいと思います。

複合関係詞とは関係代名詞・関係副詞に「~ever」を付けたものになります。

複合関係詞は複合関係代名詞(whoever, whichever, whatever)と複合関係副詞(whenever, wherever)に分かれます。

それとは別に独特な雰囲気を醸し出しているのア「however」になります。

複合関係代名詞(whoever, whichever, whatever)は譲歩になると副詞節を形成するという違いがありました。

複合関係副詞の「whenever」「wherever」はもともと副詞節を形成するものでした。

「however」は譲歩の用法でも副詞節を形成します。

どの様なものなのか見てまいりましょう。

譲歩とは?

譲歩とはこちらにとっては都合の悪いことなどを認めてはいるのですが、それでもなお自分の主張は変わらないという表現方法の一つになります。

複合関係詞「譲歩の however」は「however + 形容詞/副詞」の形で副詞節を作るのが特徴

通常の「however」は「どんなふうに~しても」といった意味合いになり副詞節を形成します。

譲歩の用法においても同様で副詞と同じ役割を果たす副詞節を作ることになります。

「副詞節(副詞と同じ役割を果たす)」になるということは主に主文のV(動詞)、もしくは文全体を修飾する(主にかかる)という事になります。

そして今回の「譲歩のhowever」を形成する上での特徴は「however + 形容詞/副詞」の形にする必要があるという事です。

「譲歩の however」のポイントは以下になります。

複合関係詞「譲歩の however」は「however + 形容詞/副詞」の形を取り副詞と同じ役割を果たし、「どれほど~でも」という意味合いになる

それでは例文を見てみます。

  • However important it is, she never accepted the offer. どれほどそれが重要でも、彼女は決してその申し出を受け付けなかった。 ← 「however + 形容詞」で「どれほど~でも」になる
  • However early you go, you may not be able to buy the popular goods. どんなに早く行っても、あなたはその人気商品を買うことはできないかもしれない。

それぞれ「どんなに(形容詞/副詞)しようとも」という訳し方になり主文の動詞、もしくは文全体に対して補足的に説明するように存在しています。

繰り返しますが「however」を譲歩を表すために使う際には「however + 形容詞/副詞」の形を取る必要があること覚えていただければと思います。

「no matter how(どれほど~でも」に置き換えが可能

「譲歩のhowever」が「どれほど~でも」ということでno matter howに置き換えることが可能です。

この書き換えは「however」が譲歩の意味を表している時のみできますので注意してください。

先の形式と同様に「no matter how」の後に「形容詞/副詞」を付けてください。

先の例文を「no matter how」を使って置き換えてみましょう。

  • No matter how important it is, she never accepted the offer. どれほどそれが重要でも、彼女は決してその申し出を受け付けなかった。 ← 「no matter how」に置き換える
  • No matter how early you go, you may not be able to buy the popular goods. どんなに早く行っても、あなたはその人気商品を買うことはできないかもしれない。

この「no matter how」を使った時な譲歩の場合のみになります。そして直後には「形容詞/副詞」を付けてください。

他の複合関係代名詞、複合関係副詞もそうですが言い換えで「no matter ~」とあった場合は譲歩になること覚えていただければと思います。

まとめ

今回は複合関係詞「譲歩の however」の用法に関して触れてみました。

複合関係副詞の「however」は直後に「形容詞/副詞」があり、譲歩を表すケースでも副詞節を形成します。

書き換えに関しては「no matter how」が来た時は譲歩になりますので判別できます。

今回はここまでに致します。


過去のPBT、CBTと現行TOEFL iBTとのスコア換算に関する記事

TOEICの概要、出願、テスト形式などの記事



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

TAKA-KIKOH

ゴールドマン・サックス証券などこれまで長年にわたり外資系金融機関(証券)での業務に従事してまいりました。米国MBA。英語ではTOEFL607点、TOEIC950点など。趣味は筋トレ、釣り、ゴルフ。

-英文法, 関係詞
-, ,

© 2020 TAKA KIKOHの情報局 Powered by AFFINGER5