仮定法 英文法

英文法 仮定法「should」目標達成へ【高校大学受験・TOEFL・TOEIC・IELTS・英検】

英文法 仮定法「should」目標達成へ【高校大学受験・TOEFL・TOEIC・IELTS・英検】

< 高校・大学受験、TOEIC、TOEFL、英検などの各種試験対策のために >

< 外資系企業などで仕事をするために総合的な英語力を養うために >

< 「読む」だけでなく「解く力」「書く力」も身につけたい方に >

 

英文法 完全理解 初級~中級編

 

※英文に接する際に気にかけてほしい重要ポイントを中心に解説しています※

外資系金融(証券)に興味のある方

= 外資系金融(証券)のはなし =

その1:社員から見た採用面接

その2:女性こそ活躍できる職場環境

 

今回の文法

  • 仮定法「should」

今回は仮定法「should」に関して触れてみたいと思います。

前回は仮定法「were to」に関してお話をさせて頂きました

(記事はこちら

仮定法の「were to」は未来のことの仮定を表す時に使われます。

実現の可能性がありそうなケース、実現の可能性は皆無なけケースのどちらでも使用できるところがポイントになります。

前回はそんな話をさせて頂きました。

これまで紹介した全ての英文法の記事

英文法 全集はコチラ

※とことん学習してみよう


以前私が受験したスコアになります。

TOEICスコア 900点以上【TOEIC 950点ホルダーが教える効率的な学習法】

仮定法「should」【英語力を向上させるポイント】

今回は仮定法「should」に関して触れていきたいと思います。

「should」は「~すべき」といった義務などを表現する時に良く使用されますが仮定法の時にはどのような使い方になるのでしょうか。

仮定法は完了形、比較などと同様に苦手意識を持っている方が多い文法になります。

「仮定法は何で現在なのに過去形を使ったりするの?」

「仮定法は would, could, might などを使うけどわけがわからない」

というような疑問を持つ方には是非とも見ていただきたい内容を展開してまいりたいと思います。

それでは仮定法をさらに進めてまいります。

仮定法「should」は「実現する可能性が低い仮定」を表す

「should」は主節で使われそうですが今回お伝えする仮定法の「should」は「if 節」の中で使用することになります。

これまで学習してきたものは仮定法に関しては現在の話をする時には主文の動詞は過去形、過去の話をする時には主文の動詞は過去完了形を使用していました。

助動詞を使用する場合も助動詞が過去形(would, might, could等)になっていました。

しかしこの「should」に関してはその様な取り決めに従うことが無いのも特徴になります。

主文の動詞は助動詞の「would」もしくは「will」を使用しそれに続く動詞もそのまま原形で使用します。

「should」は実現の可能性が低い仮定になりますが実現の可能性が全くないケースでは使用することは無いので注意が必要です。

大事なポイントは以下になります。

仮定法「should」では実現の可能性が低い仮定を表し「もし(万が一)~であれば、~である」という意味の文を形成する

仮定法「should」の動詞

「should」の文では実現の可能性が低いことを表す時に使用します。。

構文は「S(主語)+ should + S V, S V(wouldが多いがwillも使える)」というものになります。

  • 「if 節」の中で「should」を使用する
  • 主文の助動詞は「would」を使うことが多いが「will」を使用することもできる
  • 「would」「will」を使用する際、共に動詞は原形である。「have + 過去分詞」は使わない
  • 実現の可能性が低いので「万が一~」という表現をすることが多い

それでは例文を見てみます。

  • If James should take such a difficult exam, we would support him. もし(万が一)ジェームスがそのような難しい試験を受けるというのであれば、我々は応援する。 ← 「should」は実現の可能性が低い仮定
  • If a large meteorite should fall to the earth, people will panic. もし(万が一)大きな隕石が地球に落ちたら、人々はパニックになるだろう ← 「will」でも意味は同様になる

2つの例文を見てみるとわかることですが仮定法の「should」は「~すべき」といった皆さんご存知の義務の意味合いは一切含みません。

「if 節」の中にあることで実現の可能性が低い(万が一の)仮定を表すことが特徴です。

1つ目の例文では「ジェームス」が試験を受ける可能性は低いもののゼロではありません。この「万が一」の感覚が大切です。

2つ目の文では主文の助動詞に「will」が使われています。「would」「will」の双方を使用することができるのでここも注意が必要です。

共に「助動詞 + 動詞の原形」になるところもポイントになります。

まとめ

今回は仮定法「should」の用法に関して触れてみました。

仮定法の「should」は実現の可能性が低い仮定を表す際に使用します。

主文で使用される助動詞が「would」「will」共に使用できる点、それに続く動詞は原形になる点も押さえておく必要があります。

今回はここまでに致します。


過去のPBT、CBTと現行TOEFL iBTとのスコア換算に関する記事

TOEICの概要、出願、テスト形式などの記事



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

TAKA-KIKOH

ゴールドマン・サックス証券などこれまで長年にわたり外資系金融機関(証券)での業務に従事してまいりました。米国MBA。英語ではTOEFL607点、TOEIC950点など。趣味は筋トレ、釣り、ゴルフ。

-仮定法, 英文法
-, ,

© 2020 TAKA KIKOHの情報局 Powered by AFFINGER5